ブログ

会員M君のご成婚秘話

2019年03月26日

活動期間は1年間。早くもなく遅くもなく
1年という時間はほんの少し、彼には早かったみたいです。

入会するきっかけは父の勧めでした。
会員M君は結婚する気持ちはなかったが私と面談していくうちに将来への人生設計が出来たみたいです。

独身者にあなたは結婚したいですか?とアンケートをとると皆さん「結婚したい」と答えます。
では、いつ結婚したいですか?と聞くと
「いつか結婚した」「適当なパートナーが見つけたら結婚したい」と8割の方は答えます。
そこで、会員M君に子供は欲しいですか?何歳ぐらいに欲しいですか?その後の人生設計は?
とライフプランについて伺い、一緒に考えていくと早めにパートナーを見つけて結婚した方が良いと本人は活動をスタートしました。
内気で友達が少なかった会員M君は、仕事と家との往復で休日は家でゲームとあまり社交的ではなかったです。
これでは、お見合いや交際になったら大変だと思い先ずは、私との信頼関係を築きつつコミュニケーション能力を養っていただくことを最優先にしました。

M君とは月に2回程度、JBCの事務所に来ていただき、
最近は何をしていたのか?
これからはどんなことに興味を持っているのか?

などなど、多くの事をお話ししました。
また、お見合いシミュレーションも実施いたしました。
お見合い時の服装やマナー他には女性のエスコートの仕方や話しの組み立て方など色々とアドバイスして本番を迎えています。

初めてのお見合いはJBCの事務所で行い、担当者が陰で見守りながら60分という時間を過ごされました。結果はお相手から「NG」です。
でも、担当者は会員M君を褒めて・褒めていきました。
入会初日にお会いした時よりも全くの別人と言っていいほど、話しをすることが出来ましたし、相手の話しを聞いて返答することもできました。
これは大きな進歩だと思っています。
これから、お見合いの数を増やしていくことでお相手からも「OK」の返事を頂くことが出来ると私は感じていたからです。
1か月後にもお見合いが決まっていたのでそこに目標を定めてさらにM君を磨き上げていきました。
2回目のお見合いもお相手から「NG」でしたが、3回目のお見合いではM君もお相手も交際希望で初めての交際がスタートしました。

交際2ヵ月目に入ろうとするときにお相手から「交際終了」の申出があり会員M君は大変落ち込みました。
自分は何がいけなかったのか?
やはり結婚に向いていないでは?

本当に自分を責めている姿を見ている私はつらかったです。

メールや電話で慰め、次のお見合いに備えて頑張っていこうと励まし父とも電話で話しをしていくうちに会員M君と父とで一緒にJBCの事務所に来ていただけることになりました。
私とM君と父の3人で今後の活動計画を相談し計画し次のお見合いへ送り出していきました。

そのお見合いでOさんと巡り会えました。
M君がOさんに惚れており、頻繁にデートを重ね交際3ヵ月目でプロポーズするも良い返事をもらえずにいました。
JBCもプロポーズすることを知ってから相手相談室にOさんの気持ちを確認し会員M君の背中を押す形でプロポーズを進めるも良い返事をもらえなかったことで、JBCも相手相談室も不思議で仕方がなかったです。
その時のOさんは「交際3か月で結婚を決めることができなかった」
その気持ちは私もわかります。
ですが、入籍するのはまだ先です。お互いにこの方と結婚したい!!その意思表示をすることが必要でありからです。
会員M君もプロポーズを断られたことで焦りと不安で仕方がなかったでしょう。
一番傍にいた私にはすごくM君に辛い気持ちが分かります。
でも、M君は昔のM君とは違いその後もOさんと何度かデートを重ねJBCも水面下でお相手相談所と連携を取りOさんの誕生日に再度プロポーズをすることにしました。
交際7ヵ月目で2度目のプロポーズは無事に成功しM君とOさんはご成婚となりました。

私のところに2人であいさつに来た時にはすごくうれしくM君のうれしそうな笑顔を見ることが出来てよかったです。
Oさんも素敵な女性で、優柔不断なところがありますが、そこはM君が引っ張って行ってあげると言っていました(笑)

結婚したいけどできない人は勿論ですが、どのように結婚できるか?そこまでやるのがJBCであります。

M君・Oさん
ご成婚おめでとうございます。幸せになってください!

  |  

  

Rnet

IBJ

NNR

BIU

マル適マーク

mcsa

登録会員数NO1

セキュリティ対策