ブログ

カウンセラーの仕事ってどんなモノ?ご成婚に向けて二人三脚でやっていかなくてはならないモノ

2019年08月05日

カウンセラーが誕生するきっかけ!

ひと昔の日本は、ヨーロッパからさまざまな技術や社会システムを積極的に取り入れながら日本という国家の発展に邁進していきました。今では世界有数の経済大国となっています。国の経済が成長すれば、各個人の所得は増加し、暮らしはより豊かになります。高度経済成長期を経て、衣食住を支える生活必需品などの基本的なニーズや一定水準の快適さが満たされるようになります。便利な世の中になり、食べたいモノはどこでも手に入るようになり、可愛い洋服やお洒落な小物まで生活に余裕が出てきて様々な趣味趣向に時間とお金をかけることができる社会の中で私たちは人生の幸せについて、どのように考えるべきでしょうか?

生きる欲求⇒自己欲求への変化

人の生まれ育った環境によっては、個人の価値観やライフスタイルは様々ですが、一人ひとりの考え方や生き方といった「個性」を肯定的に捉える今の時代は、多様な生きがいを追求するための基礎となっています。例えば、人生設計をとってみても、修学、就職、転職、結婚、移住等々、様々な転機において選択の幅が多様化していると言えるでしょう。その選択の幅が多様化している中から新しく生まれる職業も様々であります。例えば近年誕生したのがYouTuderです。でも変わらない職業もあります。それはカウンセラーと呼ばれる職業です。カウンセラーとは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助を行う者です。例えば心理的な悩みを解決してくれるのは心理カウンセラー、結婚への悩みを解決してくれるのは結婚カウンセラーです。。結婚カウンセラーとは、結婚を考えている人に対して、より理想的な結婚を実現するためのサポートをする仕事です。まったくの他人同士が出会い、交際し、結婚するまでは、相応の時間を必要とします。結婚カウンセラーには、そのひとつひとつの過程において、きめ細やかなサポートが求められます。

 

例えばですが、会員様からのお問い合わせへの対応です。結婚を考えている人が、結婚カウンセラーからのサポートを求めて問い合わせをしてきた際に、その内容について返答します。結婚カウンセラーは、単に「出会い」を提供するだけではなく、結婚に対して真剣に考えている会員様の思いを汲み、悩みに対して一緒に向き合います。その次は、カウンセリングです。ほとんど土・日曜日に集中して行います。男女会員様を問わず、基本的には1ヶ月に1回、1回1時間のカウンセリングを行います。

カウンセリング内容は、会員様の日常生活上・仕事上の話がほとんどです。仕事や日常生活から会員様へ適切なアドバイスができるヒントが込められています。趣味の話や生活スタイルの話でお相手をご紹介することもございます。

不規則な生活を送っている会員様には指導や改善をお願いすることもございます。そんな中で一苦労もございます。カウンセリングで話が弾めばいいですが何を話しても返ってこない、暖簾に腕押し状態だった場合にはどうしたらいいのか悩みます。そんな時には警戒心を取り除くために私自身の話を一方的にすることもあります。先日の休みの話しや日常生活の悩みなどを話しをして警戒心を取り除いていきます。「私はあなたの味方です」と知っていただくことが大切です。

結婚カウンセラーの仕事は苦労ばかりではなく、やりがいのある仕事でもあります。

それは「ご結婚」されたときです。特に、成婚退会した会員様からの年賀状が届いたり、電話での妊娠報告を受けたり、赤ちゃん連れて挨拶に来たりその瞬間、やっぱり嬉しいですし、自分の仕事が形になる瞬間なのでやりがいを感じました。会員様一人ひとり違うのでその人に会ったカウンセリングを行っていく!それが一番大切でそこに時間をさけることが成婚しやすい条件かな?!と思っています。

結婚後に私たちがかかわることが難しい

でも、ご連絡があると本当にうれしいです♬

 

 

 

  |  

  

Rnet

IBJ

NNR

BIU

マル適マーク

mcsa

登録会員数NO1

セキュリティ対策